Close

メアリー・ミーカー氏のレポート『インターネットトレンド』を5つのチャートで要約

Internet Mobile Trends

 

メアリー・ミーカー氏による年次レポート『インターネットトレンド』の最新版が先週発表されました。このレポートはアドテクを含むテクノロジー業界関係者が毎年最も楽しみにしている業界研究の一つであり、この業界の重要トレンドの状況を詳細に論じています。当社はこのレポートを考察し、モバイル広告に関連する最も重要な研究結果を以下の5つのチャートにまとめました。

 

インターネット普及のペースは鈍化・・・

今や世界の人口の半数がインターネットにアクセスしています。メアリー・ミーカー氏のレポートによれば、今日のインターネットユーザー数は約36億人で、前回の推定数の30億人から増えています。しかし、ユーザーの増加率は2016年の12%から2017年には7%に下がっており、インターネットの普及には減速が見られます。こうした状況にも関わらず、レポートでは「多くの人がこの数字は実際よりも多いのではないかと思っているかもしれないが、インターネット利用は堅調である」としています。レポートによれば、市場でのインターネット普及率が50%を超えるとそれ以上の成長が難しくなります。また、インターネット普及率はほんの10年ほどで50%に達し、アメリカ人に食器洗浄機が普及するのにかかった時間(ご参考まで、80年かかりました)よりも短いというのも興味深いポイントです。

 

・・・しかし、モバイル広告は引き続き成長

モバイル広告へのシフトはここ数年ますます顕著になっています。レポートでは、米国におけるモバイル広告費を見ると広告主のモバイルへの出稿はそれに追いついておらず、この領域は開拓の余地が極めて大きいとしています。

その意味では、モバイル動画の普及拡大と始まったばかりの新しいタイプのコンテンツにも注目していくとよいでしょう。

 

・・・そしてモバイル決済とデジタル通貨も同様

レポートはキャッシュレスな支払いへの移行が加速していると指摘しています。取引の約60%がモバイル決済やQRコード、ウェアラブルなど何らかのデジタル形式で行われています。この分野を牽引する中国での拡大にも注目です。中国には5億人以上のアクティブなモバイル決済ユーザーがおり、その普及が最も進んでいます。

Coinbase(コインベース)などの新たなデジタル通貨もそうですが、モバイルメッセンジャーアプリのようなプラットフォームがモバイル決済の分野で台頭しつつあり、デジタル決済を行う人の割合が世界で増加しています。モバイル決済アプリやeコマースの分野で事業を展開するモバイル広告主にとって、これは新たな機会やユーザーを意味しています。

 

・・・一方でAIやパーソナライゼーションが業界に旋風を起こしてい

AI(人工知能)はすでに現実のもので、無視することはできません。AIが可能にするサービスプラットフォームは規模の大小に関わらず企業にとってますます重要になってきており、それに対する「出費の優先度が急速に高まっている」とレポートは指摘しています。AIの普及とともにパーソナライゼーションを介したイノベーションも進んでいます。「パーソナライゼーションによってデータがエクスペリエンスにおけるエンゲージメントを向上させ、顧客像を精査し、成長を後押しする」とレポートは記しています。パーソナライゼーションとAIの発展は切り離して捉えることはできません。AIはユーザーの行動や「いいね」、嗜好を通じてアプリ上での彼らの振る舞いをより深く理解するのに有効で、ユーザーに合ったものを提供し、広告もより的を絞ることができます。

 

・・・しかしこれによってプライバシー・パラドックスが生じる

「現実にはグローバルなイノベーションと競争の力学は製品の改善をもたらすが、それによってデータ利用やマネタイゼーションも進んでいる。ユーザビリティ改良の多くはデータに基づいたものであり、そのデータはモバイルデバイスユーザーが行うタップやクリック、動作から収集されている。これがプライバシー・パラドックスを生み出している」とレポートは指摘しています。インターネットユーザーがこれらのサービスにより多くの時間を費やしている一方で、規制機関はデータの不正利用を防ぐのに腐心しています。

レポートはまた、「人々がマネタイゼーションや成長、データ収集を推し進めてきた結果、それがデータのプライバシーや競争、コンテンツの安全性に関連していないか、多くの規制監視が行われるようになっている」とも述べています。

GDPRはすでにEUで適用されており、この議論がどこに向かうのか、企業が顧客プライバシーツールをより利用しやすくすることにどう対応するかが今後注目されることになるでしょう。

レポート全文はこちらからご覧いただけます。

shares
X