Close

モバイルアプリにミレニアル世代を参加させる方法

 

ちょうど2000年以降に成人を迎える世代を指す「ミレニアル世代」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。今まさにそのミレニアル世代が、様々なビジネスシーンで産業革新を呼び込むビジネスの再形成を行っています。

ミレニアル世代はスマートフォン世代です。アプリ広告主もまた、モバイルアプリ上で彼らの興味を引き、参加させるため創意工夫に励んでいることでしょう。アプリ広告主がミレニアル世代の持続的な参加を誘導する方法は何があるのでしょうか?ミレニアル世代のアプリ参加を促す際に気を付けるべきこととは?この記事ではそのポイントを共有したいと思います。

 

1. 「ユニークさ」の重要性

Snapchatの成功はまさに、アップした写真や動画が数秒後には消えてしまう新しい共有方法だと言えます。Snapchatはその独特なアプローチでミレニアル世代を早めに惹きつけ、高いエンゲージメント率を誇りました。Angry Birds、Candy Crush、Pokemon Goは他のアプリとは異なった物を販売するというユニークな共通点があり、それぞれ大成功を収めました。アプリストア最新トレンドランキングで注目すべきアプリは、バンドスピナーアプリです。アイデアには論争の余地がありますが、即時の満足を求めるユーザーに、アプリデベロッパー達がどのようにして新しいコンテンツを提供しようとしているかの良い事例だと言えます。

アプリストアで長期的に人気を集めるには、ユーザーの興味をぐっと惹きつける「ユニークさ」と、高いエンゲージメント率を打ち出すための良コンテンツを提供し続けなければなりません。

 

2 . ソーシャルメディア戦略

ミレニアル世代にとってSNS活動は日常だと言えます。SNSを通じてユーザーに対し的確にブランドメッセージを伝えることも可能であり、マーケティングにおいても大変有意義です。クリエイティブなソーシャルメディア戦略を通じ、潜在ユーザーの興味を誘導することで、アプリのオーガニックリーチ率やエンゲージメント率を高めることが可能です。

ソーシャルメディアを賢く利用すれば、ミレニアル世代ユーザーを取り戻すだけではなく、その世代の人々にまで影響を及ぼすことも可能です。調査によると、ミレニアル世代の25%が自分のオンラインショッピングコンテンツをSNSに共有、1リンク当たり平均30%以上のクリックバックを生み出しています。SNS上の口コミはオーガニックユーザーを獲得するゴールデンチャンスになります。ユーザーの行動に注目し、マーケティングチャンスを作っていくことがカギとなります。

 

3. 「不便」を解消

読み込みが遅かったり、オンボーディングプロセスが長かったり、商品数が乏しかったり、決済プロセスが複雑だったり、アプリを利用しながら不便を感じることは多くあります。当たり前のことながら、こういった不便を感じることでユーザーのアプリ離れが進行します。ユーザーにずっとそのアプリを使ってもらうには、不便を解消し、スピード、効率性、全てにおいて便利なアプリを提供しなければなりません。例えばeコマースの場合、モバイル決済を安全で素早くすることがカート放置問題を解決する1つの方法になりますよね。種類や状況に合わせ、様々な解決方法が存在します。

ユーザーとの持続的なエンゲージメントはユーザーリテンションのカギですが、古い形式のプッシュ通知はアプリに不便を生じさせる可能性もあります。参加率を85%高めることのできる絵文字を使用するなど、より良いプッシュ通知の作成を学び、新しいアイデアをどんどん試していきましょう。

 

4. AI実験

SiriやAlexaを通じ、私たちはすでに現代の「会話的」アプリインタラクションを経験しています。チャットボットの登場で、アプリマーケターは「パーソナライズド・エクスペリエンス」を提供することができるだけではなく、アプリ内で異なったページを行き来する必要を最小化し、これはユーザーエクスペリエンスやエンゲージメント率向上に繋がります。特にタクシー配車アプリ、料理宅配アプリ、eコマースアプリにとても有意義です。ユーザーの行動に関する深層的知識を提供出来るAIベースのチャットボットは、全く新しいレベルのターゲッティング機能を生み出すことができるのです。

 

まとめ

マーケッターにとってミレニアル世代にアプローチして行くのはあくことなき挑戦です。しかし今こそまさに革新的なアプリマーケティング戦略が必要な時だと言えます。ミレニアル世代を上手くアプリマーケティングストラテジーに取り込んだブランドが、現在アプリストアで長期的成功を収めているのは言うまでもありません。

 

shares
X