Close

AppLiftの哲学:デマンド側宣言

AppLiftはモバイルCPIネットワークとして2012年に設立され、広告主に最高のサプライを提供するだけでなく、パブリッシャーがインベントリーで収益創出できる最高のデマンドを提供するために最善を尽くしています。

最初から私達は、広告主には自ら興味のあるもの、つまりインストールが購買できるべきだと確信しました。適切な広告主を適切なインベントリーにマッチすることで、収益率(eCPM)における最高の結果が達成できると信じてきました。

急変するモバイル業界で成長する間、私達は CPIだけが唯一正しいメトリックにはなれないということに気づき始めました。この方法でノンコンバートクリックを購買する危険は減少しましたが、多くのインストールはノンエンゲージングユーザーという結果に終わりました。広告主の究極的目標は投資収益、もしくはROAS(Return on Advertising Spend)なので、これでは長期利益にはなりません。

ネットワークとして、すぐに私達は葛藤を抱えました。ROASに興味のある広告主の期待と、インベントリー収益率(eCPM)を高めることに興味のあるパブリッシャーの期待を、どのようにして同時にマネージすればいいでしょう?

パブリッシャーの収益を高めるためには、eCPM増加に重点を当てなければなりません。そのためには、広告配信方法を最適化し、全てのインプレッションに対してより高く支払う広告主を獲得し、サイト運営者の掲載率を高めるための最適化を行う必要があります。

広告主のROAS増加のためには、様々な最適化手段を使用し、適格な値段の的確なユーザーを見つけなければなりません。

私達は広告主にとっての本当の価値を創出させるためには、彼らのニーズに合致しなければならないと思っています。私達は会社全体のDNAを変更し、デマンド中心のアプリ広告会社に進化しました。

そのため、私達のパブリッシャー収益創出ソリューションをAppLiftと分離することに決定しました。ビジネスの一部は世界最初のモバイルネイティブSSPであるPubNativeを設立した、アドテク企業家チームに託されました。このようにして、私達は広告主とパブリッシャーのデマンド間での衝突を避けることができました。この業界で未達成だった透明性や利害一致に向けた大きな一歩となったのです。

より少ない広告ネットワークと、需要側か共有側どちらかで活躍出来るより多くのプレーヤー、広告マーケットにはこのようなスペシャリストが必要です。

そうして、この哲学は私達の使命となりました:

「技術、データ、サービスを通じ、全世界の潜在ユーザーに製品を繋ぐことで、モバイル広告主の成長を追及します」

私達はアプリローンチングからユーザー基盤の成長や維持までの全アプリ広告ライフサイクルを、バナー、全面広告、ネイティブ広告、リッチメディアや動画などの全広告形式の活用してサポートする、1つのゲートウェイを提供する統合プラットフォームDataLift 360を構築することで、このようなビジョンを拡張しました。

さらに、私達は技術への投資や、適格な人材の採用に最善を尽くしています。広告主がCPA目標を使用し、実際のROIを最適化出来るようにするダイナミックな価格設定を可能にしました。最高水準の品質基準へのコミットメントとして、私たちは社内精鋭チームで詐欺の検出と撲滅に投資しています。全世界におけるネットワークと経験で、どんなタイムゾーンや言語であれ、全ての重要マーケットの広告主をサポートする体制が整っています。

私達の利益を広告主の利益と調和させることで、広告主の成長に役に立てるだけでなく、更なる付加価値を提供出来る私達自身のスキルアップへと繋がるのです。

これがApplift、私達の信念であり、私達の哲学です。

心を込めて、
Tim Koschella
共同設立者

Diksha is a Senior Content Marketing Manager at AppLift and is based out of our Bangalore office. When she is not behind her computer writing, you can find her binge watching her favorite movies, finding her happy place at a dance studio, and checking off places on her bucket list.
shares
X