Close

モバイル広告主が「プログラマティック·メディアバイイング」を愛すべき 5 つの理由

モバイル広告主が「プログラマティック·メディアバイイング」を愛すべき 5 つの理由「プログラマティック·メディアバイイング」という単語がアドテク業界に登場して久しくなりますが、本当の意味をまだ多くの人が知りません。しかしこれから「プログラマティック·メディアバイイング」はアドテク業界の主流になりつつあり、モバイル広告主は取り残されないために今、その意味を把握しておく必要があります。

「プログラマティック· メディアバイイング」とは何か?

「プログラマティック·メディアバイイング」とはプログラムが自動的にユーザーのデータを分析し、ターゲットオーディエンスに広告を露出させ、執行データを分析しキャンペーンを最適化させる自動化されたシステムのことです。もっと簡単に説明すると、ユーザーがサイトにアクセスした時残したクッキー(訪問記録)に基づいて、消費形態を追跡しそのユーザーに相応しい広告を見せる方法であります。つまり、プログラムが自動にデータを分析し広告を掲載することです。 RTBとは広告主がこれ以上事前にインベントリを購買する必要なく、必要な時はいつでも競売に参加しインベントリを購買できます。全体広告競売の過程が十万分の一秒、つまりあっという間に行われます。このようなRTBはプログラマティック広告の一種であり、すべてのプラグラマティックバイングがRTBである訳ではありません。プログラマティックソフトウェアは広告主が特定のパブリッシャーのインベントリを固定単価で事前に売ることができるようにもします。

なぜモバイル広告主達は「プログラマティック·メディアバイイング」に興奮しているのか。

  • さらに効率的なプロセス: 広告主の立場から、伝統的なメディア購買方式(インベントリ購買方式)は受動的で広告効果側面からも効果的だと限れないです。「プログラマティック·メディアバイイング」はまず広告主がキャンペーン目的、ターゲット、消費者広告モデルなどの変数を事前にプログラミングされたソフトウェアに入力します。その後、ソフトウェアはそのターゲット行動及びメディア利用データに基づいて適切な広告面と時間に最も適切な予算で広告を露出させます。それで人間により発生するエラーや延長などが発生しないのが特徴です。また多数のチャンネルのキャンペーンを一つの管理画面で管理することができ、キャンペーンを最適化し易いです。
  • インベントリの最適化: : マーケティング担当者達は メディア·インベントリの膨大な量へのアクセスがあります。 プログラマティック·バイイングはさらに費用効果が大きいキャンペーンをすることで検証と不正検出を向上してきました。しかしインベントリに関するプログラマテイック·マーケティングの本当の価値は、マーケティング担当者達が適切な顧客のためにまさに適切なスポット、適切なタイミング、適切なデバイスで購入できるということです。従来のメディア·バイイングは決してそのセグメンテイションレベルを達成することができませんでした。モバイル広告主は地理位置情報と消費者が特定の場所と特定の時点で使用しているAPPへの洞察力をさらに活用することができます。
  • リアルタイムで購入可能: 「プログラマティックメディアバイング」のもう一つの特徴はリアルタイムで購買することが可能であることです。事前にメディアの購買を計画するよりは自動化されたプロセスが含まれたプログラマティックバイングがリアルタイムで購買することができます。またターゲティングされたセールズができるため、割引やクーポンを用いて購買過程の時点にいる消費者を見つけることが可能です。programmatic-RTB
  • <ソーシャルシェアリング:  「プログラマティックメディアバイング」 はソーシャルシェアリングを通して、より多くのポテンシャル消費者へ拡大できます。消費者は単純にブランドを接するだけではなく、社会的な交流を通じて商品を共有します。特にリアルタイムで広告が露出される時、効果は最大化されモバイル広告主が好む最大の成果を得ることができます。programmatic-RTB
  • クロス·プラット フォーム統合: 広告主は事前メディア購買より多くの量のインベントリへアクセスすることができるため、クロス・プラットフォーム広告の実施がもっと簡単になります。消費者がデスクトップでディスプレイ広告を見て、ページを閉じてしまうと事前メディア購買では広告費を浪費することになります。しかしプログラマティックメディアバイングを通じて、その消費者のモバイルで再購買が促進できるようにリータゲーティングできます。そしてこの過程はたった数秒で行われます。
  • このような長所を持っているプログラマティックメディアバイングは、日々著しく成長しています。業界専門家たちはまたプログラマティックメディアバイングは広告インベントリ取引の必修方式となり、必修不可欠な戦略になると予想しています。

    Diksha is a Senior Content Marketing Manager at AppLift and is based out of our Bangalore office. When she is not behind her computer writing, you can find her binge watching her favorite movies, finding her happy place at a dance studio, and checking off places on her bucket list.
    shares
    X