Close

DSPは本当に役に立っていますか?

プログラマティックメディアのバイイングはモバイルアドテクで最も人気のあるコンセプトの1つで、プログラマティック方式で取引されたメディアへの広告支出は、ここ数年間増加しています。プログラマティックエコシステムの核心要素の一つは、広告主の広告スペースの取引を自動化させ、キャンペーンのモニターリングに使われる技術プラットフォームであるDSP(Demand-Side Platform)です。(DSPがどのように作動するかについてご関心をお持ちでしたら、プログラマティックメディアバイイングでのDSPの役割を説明するインフォグラフィックから詳細をご確認ください。)

プログラマティックメディアバイイングの成長はマーケット内には多様なDSPが溢れていることを意味するでしょう。プログラマティック環境が初めての広告主には、マーケットの様々なオプションが分かりにくい可能性があります。メジャーなDSPは一般的な機能を備えていますが、どのDSPが広告主のキャンペーンのニーズに最も適切であるかは、プログラマティックキャンペーンの実装する前に精査するべき点でしょう。

お客様のDSPは本当に役に立っていますか? お客様の広告ニーズに合っていますか?豊かなプラットフォームの実行経験から、DSP選択の際に考えなければならない要素に対するチップをいくつかお話ししたいと思います。

1. サプライソースやアドエクスチェンジと連携

DSPを通じて広告主はインベントリーにアクセスできます。このためには選択されたプラットフォームが幅広いサプライソースを提供しているかだけではなく、アドエクスチェンジと緊密に連携されているかの確認が重要です。例えば、一部のDSPは他プラットフォームでは使えないエクスチェンジに繋げることができたり、クロスチャンネルインベントリーへのアクセスが提供されます。メジャーSSPやアドエクスチェンジとの連携を通じ、広告主はキャンペーンが配信される各地域に合わせられた、幅広いインベントリーサプライにアクセスできます。

2. データリーチやサードパーティートラッキングリンクへのサポート

データはプログラマチックエンジンを走らせるガソリンです。効果的なDSPはRTBキャンペーンの潜在ユーザーターゲッティングにキャンペーンデータを使用し、サードパーティーデータと連携できなければなりません。DSPはデータ管理プラットフォーム(DMP)と協力し、潜在ユーザーのデータにアクセス、効果的なリターゲッティングやキャンペーン最適化を行います。どのデータが最も価値のあるかを把握し、そのデータを使い、DSPが関連ユーザーにどう接近するか、広告主が確認することが大事です。また、キャンペーンニーズの決定的で確率論的トラッキングを調べることも必要です。

3. 効率性やキャンペーン最適化

広告主にとって、プログラマチック広告キャンペーンの効果はDSPの効率性に限ります。プラットフォームの性能を他プラットフォームと差別化する核心要素は、効率性や最適化技術がどれくらい良いかです。DSPの効率性はデータの活用、ビューの分析、知能的なビディングを通じてビューを獲得する能力にかかっています。最適のキャンペーン実績のため、DSPはリアルタイムでビディングできるたけではなく、掲載頻度設定、予算管理や様々な広告素材支援のような最適化機能を揃えるべきです。プラットフォームの効率性は全作業の中心である、アルゴリズムにかかっています。強力なアルゴリズムを基にしたDSPだけが最高の結果を提供できます。

4. サポート提供

DSPはキャンペーンセットアップ前、途中、後に、それぞれ異なったサポートを広告主に提供します。これはプログラマチック技術を初めて実験するメディア購買者にとって、特に重要な要素です。DSPがキャンペーンのセットアップや最適化をアシストするか、それともお客様自身でキャンペーンのマネージメントができるか、まずご確認するが必要です。例えば、メディア購買専担チームの有無によって、セルフサービスプラットフォーム、それともマネージメントプラットフォームが選択できます。セルフサービスプラットフォームの場合、多くのDSPがデモやトレーニングの形でサポートを提供します。また、多くのDSPがホワイトラベルソリューションを提供します。その他のサポートは問題の解決やターンアラウンドタイムの形で行われることができ、実際アカウントマネージメントチームがクライアントのニーズを処理、ガイドします。

5, 透明性やコスト

提供される機能やサポートによって、DSPのコストモデルは異なります。広告主はDSPがCPM,CPI,CPCのどれを基準にして料金を課するかを確認しなければなりません。コスト透明性のため、広告主は、DSPが広告の掲載位置をどのくらい確認させてくれるか、それからそのために支払ってきた金額がどのくらいなのかも、また熟知すべきです。月別ミニマム料金や年間料金、それともプラットフォーム使用料があるかを知っているのも良いです。単純なプラットフォームは、複雑で技術的に進歩しているプラットフォームより少ない費用が掛かります。どれを選ぶかはお客様のキャンペーンの最終ゴールによります。

まとめ

広告主はDSPの意味を自問するべきです。強力なDSPの核心は効率性や性能です。両方ともプログラマチックキャンペーンの成否決定に重要ですが、全てのDSPが同じく生まれることはありません。広告主はDSPを使ってキャンペーンをセットアップする前に、キャンペーンに何が必要なのか、どのソリューションが必要かを知っておくべきです。主にリーチ、ターゲッティング、コストなどです。それからキャンペーンのニーズに最も適格なプラットフォームを決定するのです。 上のパラメーターは、広告主に使える様々なオプションを評価し、プログラマチックの成功に近づけるようにしてくれます。DSPの成長はプログラマチックの進化とより密接になるでしょう。マーケットの拡大や自動化の加速に連れ、イノベーションと競争もなお増加される展望です。

▶ AppLiftに関して知りたいですか?日本チームへ連絡してください! tokyo@applift.com

Diksha is a Senior Content Marketing Manager at AppLift and is based out of our Bangalore office. When she is not behind her computer writing, you can find her binge watching her favorite movies, finding her happy place at a dance studio, and checking off places on her bucket list.
shares
X